空撮の活用シーンを広げたドローンの便利さ

subpage01

空撮をドローンで行えるようになったことで、様々なシーンで活用することができるようになっています。

空撮情報があれば全てが解決します。

学校行事やイベントの記録だけでなく、結婚式で流すための映像の撮影も空撮を使って印象的に作り上げることができます。地方自治体では地元のPR動画を独自に撮影し、ネットにアップすることで観光客の取り込みや知名度の上昇、イメージアップなどを図っており、この時にも空撮を利用することで豊かな自然をアピールしたり、普段見ることができない角度から街を紹介するのに役立てることが可能です。



災害が発生したとき、活動前に現地調査をしたいとき、イベントの警備配置のための事前確認などでも安全性やルート確認に役立ちます。ドローンは飛行禁止区域がありますから、業者に依頼するときには現地が飛行可能か確認が必要です。

使用機材によって撮影された映像の仕上がりに違いがあります。

高速移動でも映像が歪まずにクリアに撮影できたり、広角で通常とは違った撮り方も可能です。
空撮を業者に依頼するときには、ドローンの高い操縦技術を持っていることが重要ですが、さらに無人航空機の飛行に係る許可・承認の申請を行って承認を得ているかなども確認しましょう。



トラブルが発生した時のことを考え、業者が対人や対物に対する保険に加入しているかもできれば確かめておいたほうが安心です。


撮影後データの編集が行われ納品される際に、動画や静止画、データ形式など、どんな形でされるかも確認しておきましょう。