ドローン空撮サービスはどんな流れですすんでいくのか

subpage01

ドローンが世界中で普及すると、一般の人からお金をもらってドローンで空撮を行うサービスが登場するようになりました。

空撮情報選びに特化したポータルサイトです。

日本にもこの空撮サービスを行う業者がいくつもありますが、いったいどのような流れで撮影がすすんでいくのでしょうか。


ドローン空撮サービスの業者に問い合わせて撮影を依頼したい旨を伝えると、撮影予定場所でドローンを飛行させられるかどうかを確認した上で申し込みを受理するかどうかを決めます。


撮影可能であれば、依頼者と打ち合わせを行い、そこで撮影にしようするドローンや撮影手順など、細かい内容を決めます。


最後に撮影料金の見積もりを行い、依頼者がその内容に同意をしたら、撮影に向けた準備が始まります。



空撮を行う当日は、打ち合わせの内容にしたがって撮影がすすんでいきます。
撮影終了後、写真を希望した場合は画像処理が施された後にデジタルデータとして納品され、動画を希望した場合は編集作業が行われたあと、記憶媒体にデータが保存されて納品となります。写真の現像は受け付けていないところが多いので、完成品を受け取った後に自分でプリンターをつかって印刷しましょう。


空撮は、基本的に天候の良い日が選ばれます。
しかし、予報で天気が良くても当日その通りになるとは限りません。



もし、撮影当日の天候が悪い場合は、予備日に撮影が行われますが、その日も天気が悪かった場合の対応は業者によって異なるので、よく相談して対応しましょう。