住宅ローンの相談の流れ

住宅は人生における最高額の買い物と言われることもあるくらい、非常に大きな出費を伴う買い物です。なかなか借り入れをせず一括で支払える人はいないので、適切に住宅ローンを活用して住宅を手に入れるのが良いでしょう。しかし住宅ローンを利用したいものの、どうすれば良いか分からないと悩んでいる人がいるかもしれません。ある程度相談の流れを把握しておくことで、安心して銀行を利用することができるのでおすすめです。

購入したい物件や建築予定物件の目途が立ったら、早めに銀行に相談して事前審査を行います。これは購入物件・建築予定物件の資産価値や、借入人の年収や勤めている会社の情報などをもとに行う審査のことです。結果が出るまで3日から4日程度とスピーディーなので、自分が住宅ローンを利用できるか把握する目安になってくれるでしょう。ただし事前審査に通ったからといって必ずローンが利用できるわけではないので注意が必要です。

事前審査が終わって購入物件や建築予定物件が確定したら、次は本審査の段階に移ります。これは源泉徴収票や印鑑証明書など各種書類を準備したうえで厳密な審査を行うので、結果が分かるまでに1週間から2週間程度の時間がかかるのが一般的です。必要書類の準備にかかる時間なども考えると全体で1か月から2か月程度の時間が掛かることが多いので、住宅ローンの利用を検討しているのであれば早めに銀行に相談しておくのが得策かもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*