住宅ローンに関する相談の流れ

住宅ローンを利用してマイホームを購入したという人はたくさん存在します。自宅購入を支援する制度なので、一般的なローンに比べると金利水準も低く抑えられているのが大きなメリットだと言えるかもしれません。それでも非常に大きな金額を借りることになるので、なんとなく不安に感じてしまう人がいるのも事実です。そうした時は住宅ローンに関する相談の流れを知っておくだけでも安心感につながるので、事前にいろいろなことを勉強しておくのが賢い選択かもしれません。

建築予定物件や購入予定物件の目処が立ったら、できるだけ早めに銀行に相談しておくのがおすすめです。事前審査と本審査という2段階に分かれているので、実際に住宅ローンを借りられるかどうか分かるまでに全体として2週間から1ヶ月程度はかかると考えておいた方が良いかもしれません。事前審査では建築予定物件や購入予定物件の担保価値を査定したり、住宅ローン利用予定者の勤務先や年収を確認したりします。基本的な審査なので比較的結果が分かるまでの期間が短く、3~4日程度で回答してもらえるケースが多いです。

事前審査が通って購入物件・建築物件が確定したら、いよいよ本審査の段階に移ります。本審査では印鑑証明書を準備したり源泉徴収票や確定申告書といった収入がわかる書類を用意したりして、より厳正な審査を行ってもらうことになるでしょう。借入金額に問題がなく余裕を持って返済できるかどうかについても、銀行の担当者に相談しておくのがおすすめです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*