住宅ローンについての相談

住宅は基本的に数千万円程度の費用がかかると言われており、人生における高額な買い物の一つです。非常に大きな支出を伴うので、住宅ローンを借りて購入する人がほとんどだと言っても過言ではありません。しかし日頃あまり馴染みがない手続きなので、どのような流れでお金を借りるのか分からない人がたくさんいます。分からないままだと途中で色々と不安に感じてしまうかもしれないので、住宅ローンに関する相談の流れや審査の内容などを知っておくのがおすすめです。

まず購入したい物件がある程度決定した段階で、銀行に対して住宅ローンに関する相談を行います。最初に行うのは事前審査と呼ばれるもので、購入物件の担保価値や借入予定者の勤務先や年収といった情報をもとに判断されるでしょう。通常3日から4日程度で審査結果が分かるので、住宅ローンが利用できるかどうかについてある程度判断する目安になり便利です。事前審査が通ったら、次は本審査の段階に移ります。

本審査ではより厳密に審査を行うため、源泉徴収票や確定申告書といった収入が分かる書類を提出したり印鑑証明書を取得したりする必要があり、時間に余裕を持って手続きするのがおすすめです。事前審査に通ったからといって必ず本審査も通過するとは限らないので、その点には注意しておきましょう。また月々の返済額に無理がなく余裕を持った返済計画となっているかについても、銀行の担当者としっかり相談しながら確認するのがおすすめです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*