頭金をある程度用意して住宅ローンを借り入れる

住宅購入の際に利用することとなる住宅ローンは、購入価格の全額を借り入れるフルローンを考えている方も少なくありません。たしかに自己資金が少なくても住宅を購入できるという観点ではフルローンも視野に入れても良いかもしれませんが、返済を安定して継続していくことを考えた場合には、ある程度の割合の金額を頭金として用意しておいたほうが安心感があるといえます。住宅ローンをフルローンで組んでいく場合には、毎月の返済額が大きくなってしまったり、返済完了までの年数が長くなったりしてしまいます。頭金はそれらの金額や年数を調整できる役割もあるため、住宅ローンの借入額や返済年数をご自身のライフステージに合ったものとするためにも、可能な限り用意するようにつとめていくことがおすすめです。

一般的には、住宅の購入金額の2割程度を頭金とするのが良いと言われることがあり、これを5、000万円の物件の購入に当てはめて考えると頭金はおよそ1、000万円が順当な金額ということとなります。この例であれば住宅ローンの借入額が4、000万円に下がるためこれによって月々の返済額も下がり、返済年数も短縮できることとなるメリットを考えると、やはり頭金は重要なポイントということができるでしょう。ここで気をつけたいのは、手持ち資金も残しておかなければならないということです。新築のマイホームへの入居にあたっては、新しい家具や家電の購入などをはじめとした新生活をスタートするために必要な資金があることを念頭に、適切な資金計画を立てていくようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*