住宅ローンの固定金利と変動金利について

住宅ローンを利用して自宅を購入するという家庭がたくさんあるといわれています。不動産は高い買い物なので、なかなか現金一括で購入できる人ばかりではないかもしれません。住宅ローンは自宅購入のための仕組みなので、比較的低金利でローンを組むことが可能です。仕組みをよく理解したうえで、利用を検討してみると良いでしょう。

住宅ローンの金利としては、固定タイプと変動タイプに分けられます。それぞれに良い点と悪い点があるので、比較した上で自分に合っている方を選択するのが良いかもしれません。契約形態にもよりますが途中で切り替えることも可能なので、金融機関を相談しながら決めていくのがおすすめです。まず固定タイプのメリットですが、毎月の返済額が安定することが挙げられるでしょう。

金利が固定されていて変わらないので、返済金額も一定になり家計管理がしやすくなります。返済額が高くなって家計管理が苦しくなるという心配もいりません。一方で契約した時よりも市場金利が低くなったとしても、固定タイプで契約している期間は金利が変えられないというデメリットもあるので注意が必要です。変動タイプのメリットは、現在の日本のように低金利の状態であればとても安い金利で住宅ローンを利用できる可能性が高いことだと言っても過言ではないでしょう。

その代わり毎月の返済金額が変動する仕組みなので、金利が高くなった場合は毎月の住宅ローン返済額も上がる可能性があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*