住宅ローンの固定と変動の違い

住宅ローンを組む場合には、金利は固定タイプと変動タイプのどちらかを選ぶことができます。それぞれに特徴やメリット・デメリットが異なるため、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。住宅ローンの全期間固定金利タイプは、ローン契約の金利が完済まで変わらないのが特徴です。市場金利が変動しても金利が変わらず、返済額も一定となっています。

金利上昇リスクが少ないのがメリットです。将来的に金利上昇が見込める場合でも安心して組めるローンとも言え、借入と同時に完済までの返済額もわかるため、資金計画を立てやすくなります。ただし、固定金利は一般的に変動よりも金利が高めな傾向があるため、低金利が続けば総返済額も多くなってしまうというデメリットがあります。住宅ローンの変動金利は、半年ごとに金利が見直されるのが特徴です。

市場金利が変わるのに合わせて返済額が減ったり増えたりします。現在はこのタイプで契約しているケースが多いとされていて、固定よりも金利が低く、長期にわたって低金利が継続しているときには有利です。ただし、市場金利が上がると返済額も増えるということを覚えた上で契約することが重要です。中には一定期間金利を固定し、その後店頭金利を適用するという期間選択タイプもあります。

ある程度は金利が一定ですのでライフプランに合っていれば返しやすいタイプと言えますが、期間終了後に金利が上昇する可能性もあるため注意が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*